いいほね iihone.jp 骨粗しょう症ホームページ 骨粗しょう症に関する様々な情報を紹介しています。
症状 検査と診断 原因 治療と目的 どんな病気 予防 Q&A
ホーム > 治療と目的
治療
薬が治療の中心です《日常生活の注意も並行して》
骨粗しょう症の発病には、加齢や閉経以外にも食事や運動の習慣などが深く関わっています。そのため骨の生活習慣病とも呼ばれ、食事療法や運動療法も骨粗しょう症の予防には欠かせません。しかし、骨粗しょう症と診断された場合には薬が治療の中心となります。
骨粗しょう症薬の種類

薬が効く仕組み

骨粗しょう症の治療薬は、作用によって次の3種類に分けられます。

(1) 腸管からのカルシウムの吸収を促進し、体内のカルシウム量を増やす薬=活性型ビタミンD3製剤
活性型ビタミンD3
(2) 骨の形成を促進する薬=活性型ビタミンD3製剤ビタミンK2製剤テリパラチド(副甲状腺ホルモン)
活性型ビタミンD3、ビタミンK2
(3) 骨吸収を抑制する薬=女性ホルモン製剤(エストロゲン)ビスフォスフォネート製剤SERM(塩酸ラロキシフェン)カルシトニン製剤
骨吸収と骨形成のメカニズムについては、原因「骨のヒミツ:骨の新陳代謝」へ!

現在治療に使われる主な薬

・活性型ビタミンD3製剤
食事で摂取したカルシウムの腸管からの吸収を増す働きがあります。また、骨形成と骨吸収のバランスも調整します。

・ビタミンK2製剤
骨密度を著しく増加させませんが、骨形成を促進する作用があり骨折の予防効果が認められています。

・女性ホルモン製剤(エストロゲン)
女性ホルモンの減少に起因した骨粗しょう症に有効です。閉経期のさまざまな更年期症状を軽くし、併せて骨粗しょう症を治療する目的で用いられます。

・ビスフォスフォネート製剤
骨吸収を抑制することにより骨形成を促し、骨密度を増やす作用があります。骨粗しょう症の治療薬の中で有効性が高い薬です。
ビスフォスフォネートは腸で吸収され、すぐに骨に届きます。そして破骨細胞に作用し、過剰な骨吸収を抑えるのです。
骨吸収がゆるやかになると、骨形成が追いついて新しい骨がきちんと埋め込まれ、骨密度の高い骨が出来上がります。
(第1回コラムへ)(いいほねMovieへ)

・SERM(サーム:塩酸ラロキシフェン)
骨に対しては、エストロゲンと似た作用があり、骨密度を増加させますが、骨以外の臓器(乳房や子宮など)には影響を与えません。

・カルシトニン製剤(注射薬)
骨吸収を抑制する注射薬ですが、強い鎮痛作用も認められています。骨粗しょう症に伴う背中や腰の痛みに対して用いられます。

これらの薬以外にも、イプリフラボンやタンパク同化ホルモン製剤などが処方される場合もあります。
最新の治療薬にはどんなものがあるの?
骨粗しょう症の治療薬は、上記の他にも次々と新しいタイプの薬が登場しています。
たとえば、新しい骨をつくる骨芽細胞を活性化させ、骨強度を高める「骨形成促進薬/テリパラチド(副甲状腺ホルモン)」は、骨密度が非常に低いなど重症の患者さんに適した薬です。現在、1日1回患者さんが自分で注射をする皮下注射剤と、週1回医療機関で皮下注射してもらうタイプとがあります。
既存の種類では、SERM(塩酸ラロキシフェン)や活性型ビタミンD3 製剤で新しい薬が登場するなど、薬物治療の選択肢が増えたといえるでしょう。
そんな中、骨粗しょう症治療においては服薬コンプライアンス が悪く、治療開始後1年で、患者さんの5割近くがきちんと薬を服用出来ていないというデータがあります。その原因はさまざまですが、少しでも患者さんが服用しやすくなるように、投与間隔や剤型に工夫が加えられた薬の開発も進んでいます。
たとえば、ビスフォスフォネート製剤ではこれまで主流だった週1回服用に加え、4週1回製剤(錠剤・点滴投与)が開発されました。さらには、高齢者では錠剤が飲みにくい問題に配慮した、経口ゼリー製剤も登場しています。

※患者さんが決められた通りにきちんと服薬すること


薬物療法と併用する日常生活の改善

食事

骨密度を低下させない食事療法
カルシウム、ビタミンD、ビタミンKなど、骨密度を増加させる栄養素を積極的に摂り、骨を丈夫にするのが骨粗しょう症の食事療法です。カルシウムとビタミンDを同時に摂ることで、腸管でのカルシウム吸収率がよくなります。とくに骨吸収を抑制するビスフォスフォネートやSERM製剤では、食事によってカルシウムとビタミンDを摂ることにより、骨形成が促されますので、食事療法は骨密度増加の鍵となります。また、タンパク質の摂取量が少ないと骨密度の低下を助長しますので、食事量が少なくなりがちな高齢者の方は注意しましょう。
栄養やカロリーのバランスがよい食事を規則的に摂るのが、食事療法の基本となります。

・カルシウムを多く含む食品
牛乳、乳製品、小魚、干しエビ、小松菜、チンゲン菜、大豆製品など
*骨粗しょう症や骨折予防のためのカルシウムの摂取推奨量は、1日700〜800rです。
症状チェックからカルシウム自己チェックへ!

カルシウムを多く含む食品


・ビタミンDを多く含む食品
サケ、ウナギ、サンマ、メカジキ、イサキ、カレイ、シイタケ、キクラゲなど
ビタミンDを多く含む食品


・ビタミンKを多く含む食品
納豆、ホウレン草、小松菜、ニラ、ブロッコリー、サニーレタス、キャベツなど
ビタミンKを多く含む食品


運動

骨密度を低下させない運動療法
運動不足は骨密度を低下させる要因です。骨にカルシウムを蓄えるためには、「体重をかける」ことが大事。日常生活のなかで階段の上り下りや散歩などを取り入れ、運動量を増やすだけでも効果があります。
骨密度の低下防止にとくに有効な運動は、ウォーキング、ジョギング、エアロビクスなどです。
運動療法

・骨を強くする体操
片足立ち(フラミンゴ体操)
フラミンゴのように片足で立ちます。壁やテーブルにつかまりながら行ってもOK。体重を片足に乗せ、負荷を与えることにより骨を強くする効果があります。
片足立ち(フラミンゴ体操)
・背筋を伸ばす運動(1)
壁から20〜30cm離れて立ち、壁に沿って両手をできるだけ上の方にのばします。
背筋を伸ばす運動(1)
・背筋を伸ばす運動(2)
頭のうしろで手を組み、両肘をできるだけうしろのほうに引き、胸を開きます。
背筋を伸ばす運動(2)

・転倒を防ぐ運動(1)
ふくらはぎとアキレス腱のストレッチ
(1)前に出した方の足の膝を曲げて体重をかけていき、後ろの方の足のふくらはぎを伸ばします。
(2)続いて後ろの方の足の膝を曲げ、アキレス腱を伸ばします。
(片足30〜40秒ずつ左右行います)

ふくらはぎとアキレス腱のストレッチ

・転倒を防ぐ運動(2)
足の付け根の筋肉ストレッチ
かけっこのスタートのときの姿勢からさらに片足を後ろに伸ばし、膝を床につけるような気持ちでゆっくり腰を低くします。
(片足30〜40秒ずつ左右行います)
足の付け根の筋肉ストレッチ

骨粗しょう症の治療には、薬物療法、食事療法、運動療法の他にも、骨粗しょう症がすすんで痛みが慢性的になったときの治療法や、骨折に対する新しい手術法があります。詳しくは第19回コラムに!

骨粗しょう症とは
骨粗しょう症が進行し、骨がもろくなると骨折しやすくなります。骨折する部位として多いのは、背骨(胸椎・腰椎)と手首、腕の付け根の骨、足の付け根の骨(大腿骨近位部)。とくに大腿骨近位部骨折では、体を支える働きが奪われますので要介護状態になる原因の1つとなりますが、この骨折の85%は転倒が直接的な原因となって生じています。歳を取り、視力が低下して足腰の筋力も衰えてくるとどうしても転びやすくなってしまうのです。
背骨の骨折は、背中や腰が丸くなる、痛みが出るなど、生活の質を低下させる要因となります。痛みや息切れなどのために行動が制限されて運動量が減るとますます骨密度が低下し、運動不足により筋力も衰えるなど体の機能低下を招きます。
大腿部頸部骨折のうち85%は転倒が原因 85%
大腿骨近位部骨折のうち85%は転倒が直接的な原因
日頃の骨折予防対策が大事
大腿骨近位部骨折により要介護状態になるのを防ぐには、骨粗しょう症の治療と共に転倒防止対策が重要になってきます。

大腿骨近位部骨折の予備軍(65歳以上)

大腿骨頸部骨折の予備軍(65歳以上※)
骨粗しょう症対策を行うことで、骨折リスクが約1/2に
対策
・ 骨粗しょう症治療薬の服用
・ 食事や運動、日光浴など生活習慣の改善
骨粗しょう症対策を行うことで、骨折リスクが約1/2
転倒予防対策を行うことで、骨折リスクが約1/2に減少
対策
・ 足腰の筋力やバランス能力を鍛える運動
・ 白内障の治療や服薬のチェック
転倒予防対策を行うことで、骨折リスクが約1/2に減少
どうしても転びやすくなったとき、ヒッププロテクターの着用
で骨折リスクが約1/2に減少

対策
・ ヒッププロテクターの着用
どうしても転びやすくなったとき、ヒッププロテクター着用で 骨折リスクが約1/2に減少
どうしても転びやすくなったとき、ヒッププロテクター着用で 骨折リスクが約1/2に減少
(Lauritzen JB,etal,Lancet. 1993,341,11-13)

※ヒッププロテクターとは?
衝撃を吸収し分散するパッドの付いたパンツです。足の付け根で骨が一番出っ張っている部分をパッドでおおうようにしてヒッププロテクターを着用します。
ヒッププロテクターの詳しい情報は、整形外科病院や介護用品のお店などで得られます。
ヒッププロテクター

※65歳以上の人は骨粗しょう症予備軍と考えられます。症状チェックであなたのリスクをチェックしましょう。

症状チェック
医療機関検索
いいほね先生
骨粗しょう症コラム
いいほねMovie
いいほね用語集
治療がはじまるまで
骨折ネット
いいひざ
ページトップへ
Copyright 2007 いいほね All Rights Reserved.