いいほね iihone.jp 骨粗しょう症ホームページ 骨粗しょう症に関する様々な情報を紹介しています。
症状 検査と診断 原因 治療と目的 どんな病気 予防 Q&A
ホーム > 原因
原因

骨粗しょう症の原因

骨粗しょう症は、その原因によって大きく2つのタイプに分けられます。
1つめは、おもに加齢によって引き起こされるタイプです。これを「原発性骨粗しょう症」といい、骨粗しょう症の多くはこのタイプです。
2つめは、病気や薬の影響で二次的に起こるタイプで、これを「続発性骨粗しょう症」といいます。
続発性骨粗しょう症の場合、まずは原因となる病気の治療や、服用している薬の中止・減量などを検討しなければいけません。そのため、骨粗しょう症が疑われる場合には、どのような原因で発症しているのかを調べ、原発性と続発性との判別を行う必要があります

原発性骨粗しょう症 続発性骨粗しょう症


原発性骨粗しょう症
原因となる病気などがなく、加齢や閉経にともなって引き起こされる骨粗しょう症です。
男性にもみられますが、閉経による女性ホルモンの分泌低下が骨密度を低下させるため、特に女性に多くなります。
こうした生理的な体の変化に加え、遺伝的要因や栄養不良、体を動かさずに過ごすといった生活習慣も、骨粗しょう症の発症に大きく関係していることが分かっています。

【 原因1 加齢 】

女性の骨密度は18歳くらいでピークに達します。そののち40歳代半ばまではほぼ一定ですが、 50歳前後から急速に低下していきます。骨をつくるのに必要なカルシウムは、腸から吸収されて骨に取り込まれますが、年を取ると腸からのカルシウム吸収が悪くなってしまうのも骨密度低下の原因の1つです。
加齢に伴う骨粗しょう症の治療に対しては、カルシウムの吸収を促す薬や骨密度を増やす薬などが用いられます。治療と目的「薬が効く仕組み」へ!
多くの人は加齢とともに、骨密度が減ってしまいます。しかし、バランスのとれた食事や適度な運動を心がけることにより、骨密度の低下を防いだり、低下の速度を遅らせたりすることができます。 治療と目的「食事療法・運動療法」へ!
骨の一生と骨量の変化
加齢による骨量の変化
(骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2011年度版より一部改変)
骨量=骨の中のカルシウムの量。カルシウムの量(骨密度)を高めることが、丈夫な骨の土台をつくります。

骨のヒミツ1

骨の新陳代謝

体の中ではたえず古い骨は壊され(骨吸収)、新しい骨が作られています(骨形成)。これが骨の新陳代謝です。新陳代謝のバランスがくずれ、骨吸収がどんどん進んで骨形成が追いつかなくなると、骨がスカスカに。スカスカの骨はもろく、骨折しやすくなるのです。
骨の新陳代謝

【 原因2 更年期と閉経 】

女性の場合は、閉経期を迎えて女性ホルモンの分泌が低下しますと急激に骨密度が減り、同年代の男性に比べて骨密度が低くなります。
女性ホルモンの減少が主な原因となっている骨粗しょう症に対しては、女性ホルモンやそれに似た作用のある薬、骨密度を増やす薬などが用いられます。
治療と目的「薬が効く仕組み」へ!
骨粗しょう症の患者さんの80%以上が女性といわれていますので特に女性では注意が必要な病気といえます。
骨粗しょう症の症状チェックへ。
骨のヒミツ2

女性ホルモンと骨からのカルシウム吸収

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、骨の新陳代謝に際して骨吸収をゆるやかにして骨からカルシウムが溶けだすのを抑制する働きがあります。
閉経後、エストロゲンが減ってしまいますと、骨吸収のスピードが速まるため、骨形成が追いつけずに骨がもろくなってしまうのです。

【 原因3 ダイエット 】

ダイエットによる栄養不足は、骨粗しょう症の原因の1つとなります。とくに成長期は丈夫な骨をつくる大事な時期ですので、無理なダイエットは将来の骨密度に悪影響を与えます。
成長期にはカルシウムを十分に摂り、他の栄養素もバランスよく摂取するなど、よい食生活の習慣を保つことで、骨密度を高く保つことができます。
治療と目的「食事療法」へ!
現在ダイエット中の人や、過去にダイエットをしたことのある人は、症状チェックへ!
骨のヒミツ3

骨はカルシウムの貯蔵庫

体内のカルシウムの99%は骨の中にあります。残りの1%は他の組織や血液中に存在し、血液中のカルシウムは、さまざまな臓器の細胞を働かせています。血液中のカルシウムが足りなくなると、骨からカルシウムが溶けだして補います。カルシウムの摂取量が少ないと、次から次へとカルシウムを骨から血液へ補わねばならず、骨の中のカルシウムがどんどん失われてしまうのです。


続発性骨粗しょう症
特定の病気や、服用している薬が原因となって骨強度が低下する骨粗しょう症です。
原因となる病気としては、副甲状腺機能亢進症などの内分泌疾患、関節リウマチのほか、動脈硬化やCKD(慢性腎臓病)、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、糖尿病などの生活習慣病で頻度が高いとされています。
これらの病気では、骨代謝に影響を及ぼすホルモンが不足したり、骨形成に必要な細胞などに異常が起こったりして骨量が減るものもありますが、骨の中に骨質を劣化させる物質が増えて骨がもろくなってしまうものもあります。
薬の副作用による骨粗しょう症では、代表的なものにはステロイド薬の長期服用があります。

【 生活習慣病関連骨粗しょう症 】

生活習慣病はご存知のとおり、食習慣や運動不足などのライフスタイルをおもな原因として起こる病気です。高血圧や脂質異常症、糖尿病などがその代表格として知られており、最近ではCOPD(慢性閉塞性肺疾患)や、成人の8人に1人が発症していると言われるCKD(慢性腎臓病)なども注目されているところです。中高年になると、「生活習慣病と骨粗しょう症の両方を治療中」という人もおられるでしょう。この2つの病気に関連があると考える人は少ないかもしれませんが、最近では、生活習慣病が骨代謝に影響を及ぼすことが明らかとなって来ています。なかでも糖尿病とCKDは、骨粗しょう症と密接な関連があるとして注目されています。
こうした生活習慣病関連骨粗しょう症では、骨密度が正常に保たれているケースもあり、それでも骨折を生じやすいのは骨質劣化の関与が大きいと考えられています。

●糖尿病
糖尿病においては、骨密度は低下していないにもかかわらず、大腿骨近位部(太もものつけ根)骨折のリスクが1.4〜2倍に高まるという報告があります。糖尿病は、慢性的な高血糖状態が続く病気です。この状態が体内の酸化ストレスを増加させ、骨の中に存在する骨コラーゲンの架橋のうち、脆弱な悪玉架橋を増加させることで、骨質を劣化させ、骨折のリスクが高まると考えられています。(第66回コラムへ)

●CKD(慢性腎臓病)
CKDは、腎臓の異常や機能低下が続く病気で、糖尿病と同じく心筋梗塞や脳卒中などの重大な危険因子です。腎臓には、老廃物を体外に排泄するだけでなく、体内のミネラルを調節して骨を丈夫に保つはたらきがあります。CKDになるとビタミンDの活性化が弱まって血液中のカルシウム量が減り、それを補おうと骨からカルシウムが溶け出して骨がもろくなります。さらに糖尿病と同じく、酸化ストレス増加などにより骨質も劣化すると考えられています。(第66回コラムへ)

●動脈硬化
動脈硬化は、加齢とともに動脈の血管壁が固くなり、高血圧や脂質異常症、糖尿病などの病気が重なって血管が詰まりやすくなる状態を指します。この動脈硬化と骨粗しょう症には、発症や進行において共通するところがあります。たとえば、血中にあるホモシステインという物質が上昇し、体内の酸化ストレスが増加すると、動脈硬化が進むと同時に骨質も劣化し、骨がもろくなるといわれています。(第59回コラムへ)

●COPD(慢性閉塞性肺疾患)
CODPは慢性気管支炎、肺気腫など、長期にわたり気道が閉塞状態になる病気の総称です。
発症のおもな原因とされる喫煙は、胃腸の働きを悪くしてカルシウムの吸収を悪くし、骨粗しょう症を招きやすいとされています。さらには、呼吸困難によって体を動かす機会が減ることや、治療のためにステロイド薬を服用することも、骨に影響を及ぼすと考えられています。(第67回コラムへ)

【 ステロイド性骨粗しょう症 】

薬による続発性骨粗しょう症のうち、代表的なものがステロイド性骨粗しょう症です。
ステロイド薬の投与開始後、3ヵ月以内で骨への影響が現れ、長期間使用している方の50%で骨粗しょう症を発症しているという報告もあるほどです。
ステロイド薬を長期使用する病気では、関節リウマチや気管支喘息、膠原病をはじめとする自己免疫疾患などが挙げられます。
これらの病気では、薬の影響だけでなく、例えば関節リウマチでは骨や軟骨が破壊されるように、病気そのものが骨に影響を及ぼしているケースも少なくありません。
ステロイド性骨粗しょう症は骨折リスクが高いため、原発性骨粗しょう症の場合よりも、骨密度が高いうちから治療を開始することが推奨されています。
治療と目的「薬が効く仕組み」へ!

症状チェック
医療機関検索
いいほね先生
メールマガジン登録
骨粗しょう症コラム
いいほねMovie
いいほね用語集
治療がはじまるまで
骨折ネット
ページトップへ
Copyright 2007 いいほね All Rights Reserved.